手作りチョコレートレシピ【チョコレートチップ天然酵母ワッフル】

チョコレシピ

強力粉をつかう、パンみたいなワッフルです。朝食やおやつにも。

【手作りチョコワッフルレシピ 材料】

強力粉 240g
卵黄(L) 1個
パネトーネマザー 7g(こだわり食材572310.com
+ぬるま湯40ml
牛乳 60ml
きび砂糖 大さじ1
ショートニング または バター 20g
(ショートニングはこだわり食材572310.comなどで購入できる、オーガニックトランスファットフリーのショートニングなものが安全です)
チョコチップ 適量
【手作りチョコワッフルレシピ 道具】
ボール、耐熱ドレッジ(スケッパー)、計量カップ、クッキングシート、ワッフルメーカーなど
【手作りチョコワッフル作り方】


顆粒タイプの使いやすい天然酵母パネトーネマザー(こだわり食材572310.com)を使います。
ぬるま湯40mlを用意し、中にいれスプーンで静かにかき回し溶かしておきます。
ボールに粉、きび砂糖を入れ、先ほど溶かしておいたパネトーネマザーを加えます。ドレッジやスケッパーでまとめていきます。軽く電子レンジであたためた(35度くらい・熱すぎるとだめです!)牛乳を少しずつ加え、まとめます。

*耐熱ドレッジやスケッパーがあると便利です*
卵黄を加え、さらにこねます。
ボールの中で、べたつかなくなるまで、端から何度も折りたたむように繰り返し、こねます。
ショートニングもしくはバターを半量ずつ加えては、またなじむようにこねます。
最後にチョコチップを混ぜて、こねます。
ボール状にまとめ、ラップか、大きなビニール袋でボールを包みます。
朝、ワッフルの焼き立てを食べたいときは、
夏はボールを野菜室、真冬は室内に置きます。12時間置いたあと、ボールからドレッジで取り出し、
クッキングシートの上に置きます。
ドレッジで十字に切り込みをいれ、4分割します。
それぞれまるめます。
大き目のビニールか、ラップを乾燥しないようかけておきます。
10分休ませます。
ワッフルメーカー(直火タイプ)を使うときは、

両面を中火であたため、オイルスプレーなどを吹きつけ、生地を右と左に2つ乗せます。
火は弱火にします。生地にデコボコ柄がつくように最初はフタをぴったり閉じます。1分くらい。
膨らんでくるので、フタを軽く開けて置きます、
それから片側に色がきれいについたら、反対側をじっくり焼きます。
アイスやメープルシロップ、キャラメルソースを添えてもきれいに飾れます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加