圧力式電気鍋 APC-T19(アルファックス・コイズミ)を購入しましたパート1

圧力式電気鍋 APC-T19

圧力式電気釜の利点とは?

直火式と違って目を離しても大丈夫!
そのため材料を入れてスイッチを入れておけば夜中調理も可能になり、外出してしまっても安全に調理完了。
もともと圧力式電気鍋 APC-T19(アルファックス・コイズミ)をテレビ通販で見かけた母が興味を持ち、検討することに。
通販ショップで比較してみると10,000円ぐらいの価格でした。
そこで購入者レビューを熟考!

圧力式電気釜の惜しい!点とは?

良いところいっぱいの圧力式電気釜。
購入したのはまさに年末ギリギリだったので、おせち作りが簡単に済んだのですが、これは夏にももちろん活躍しそうなのです。
というのも、夏は火力でキッチンの温度が上がりがち。
炒めものをするだけでも、クラクラするほど。
クーラーを設置しているのでだいぶ良くなりましたが室内熱中症の危険性があるキッチン。
電子レンジ調理との組み合わせでもかなり熱気はおさえられますね。
それプラス、この圧力式電気釜を使って電力消費の少ない夜中に調理しておけば、カレーや煮物など夏に煮込み料理を楽しむのにも苦にならない!
そんなことを考えました。

そして購入者レビューを見てそうか!と思ったのが…タイマー機能はあるのかどうかということ。
「圧力式電気鍋 APC-T19」は例えば寝る前にタイマーを入れて朝7時に出来たてが食べられます!といったタイマー機能はないのです。
しかしこれは別売りのタイマーにコンセントを挿すことで対応できます。
とはいえほかの機種も気になったので圧力式電気鍋を検索してみることに。

圧力式電気釜の容量はどうする?

圧力式電気鍋 APC-T19は1.9Lサイズです。
これは3合のお米が炊ける大きさです。
(2017現在は1.2Lサイズもネット通販されています。)
2人から4人のご家族であればちょうどいい容量。
それ以上の人数のご家族であれば小さいかもしれません。
購入者レビューでも、2台目を購入して2台同時に調理したいという方もいらっしゃいました。

大きめのサイズが欲しい方はこちらを検討すると良いです。

「ティファール クックフォーミー」は6.0Lの大容量です。

「ティファール クックフォーミー」と迷ったのですが我が家では「圧力式電気鍋 APC-T19」十分かなと!
それではさっそく箱から本体、付属品を取り出してみます。
圧力式電気鍋 APC-T19

付属品は説明書とレシピブック。

圧力式電気鍋 APC-T19

計量カップ、しゃもじ、水受け、コード、蒸し皿になります。

圧力式電気鍋 APC-T19

次に実際に使ってみた手順とレシピを掲載しています。

圧力式電気鍋 APC-T19(アルファックス・コイズミ)を使ったレシピ 黒豆煮
圧力式電気鍋 APC-T19(アルファックス・コイズミ)を使ったレシピ 煮物

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント